日射量によってソーラーパネルの発電量はどのくらい変わるか

日射量によってソーラーパネルの発電量はどのくらい変わるか

ソーラーパネルの発電量は日射量によってかなり大きく変わってきますので、設置する前には十分に検討しておきましょう。
雨の日が多いかそれとも晴れの日が多いのかといった天候の問題を別にしても、日射には変動要素があります。
もっとも理想的なことを言えば、真上から日光が差し込み、それに対して垂直にソーラーパネルが設置されている状態となりますが、少なくとも日本においてはこれは非現実的で、夏と冬とで差はあるものの、南方の斜め上から日光が差し込むことになります。
ですが、できるだけ高い角度から差し込むほうが効率的で、冬場の低い太陽の光が弱弱しく感じることを考えてもこれは明らかです。
日本では南方の緯度の低い地域が理想的で、北海道など高緯度地域はあまり太陽光発電に適しているとは言えません。
また、緯度だけではなく設置場所の傾きも大事です。
自宅の場合屋根に取り付けることが普通ですが、できるだけ日光と垂直に近い形にできるのが望ましいことになります。

ソーラーパネルの発電量と計算方法と効率を上げるポイント

ソーラーパネルを利用する場合には、年間の発電量を考えた上で導入することが良いとされています。
ソーラーパネルは、気候や地域だけではなく傾斜角度によって発電量は大きく変わってきます。
ソーラーパネルの年間の発電量は、年平均日射量とパネルの出力で計算することが可能です。
計算方法としては、年間平均日射量×損失係数×パネルの出力×365日という式になります。
日射量は地域ごとに違ってくるため、どのエリアで太陽光発電を導入するかが重要となってきます。
北海道では日照時間が短く、鹿児島では日照時間が長いため、発電量は違ってくるのです。
また、季節・天候なども影響することも考えて導入します。
自分で工夫することで、発電効率を上げることもできます。
なるべく日の当たりやすい南側に向け、傾斜20〜30度前後に設置するのが最もパネルに光が当たりやすいとされています。
定期的なメンテナンスも重要で、手入れをすることで劣化を遅らせて発電量の低下や故障を防げます。

ソーラーパネルに関する情報サイト
ソーラーパネルの基本情報

このサイトでは、ソーラーパネルについての知って得する情報を掲載しています。発電はどのように行われるのかなどの基礎知識から、設置する枚数はどのように求められるのか、日射量と発電量にどのような関係があるのかなどの実際に発電を始めるにあたって大切な知識まで紹介しています。このサイトを見れば、太陽光発電をより計画的かつ効率的にスタートさせることができるでしょう。

Search