ソーラーパネルは何枚必要になるか

ソーラーパネルは何枚必要になるか

ソーラーパネルを設置する際に、パネルの枚数を検討する家庭は多いです。
特に屋根が広いから大量に設置できると考えている人もいますが、家族でそこまで使用するか・耐久性に問題はないかなど、様々な視点から考えなければならないため、注意しなければなりません。
なお、太陽光発電の発電量は1kWあたり年間1000kWhの電気を発電することができます。
ただし、夏と冬では発電量が異なるため、注意が必要です。
一般的には2kWのパネルを設置することが多いです。
1kWのパネルを2枚設置することです。
家族構成などにより必要となる電力は異なりますが、2kWであれば家族4人で問題なく使用できるといいます。
平均的なソーラーパネルの設置枚数を確認したうえで自分たちのライフスタイルを比較し、同様の枚数を設置するか、あるいは少なくするか相談したほうがいいです。
満足できる電気の量を検討するなら、ある程度余裕をもつことが必要といえます。

ソーラーパネルの発電効率を高めるのに重要な方角

ソーラーパネルは太陽の光によって電気を作り出すので、いかにして日光に長時間当てるかが重要となってきます。
太陽に当たらない時間が長くなればなるほど発電効率も下がってしまいますから、設置する際には適切な方角がどちらなのか十分に時間をかけて検討した方が良いでしょう。
最も効率的なのは、ソーラーパネルを南側に向けて設置することです。
太陽は主に日中は南側に出現しており、その方角に向けてソーラーパネルを置くことで集光効率を最大限に高めることができるからです。
もちろん朝は東から出現して夕方には西に消えていくのですが、それぞれの時間が短いため、それらの向きに合わせて置いてもあまり効率をあげることはできません。
日本のどの地域においても南に向けてパネルを置くのがベストと言えそうです。
ただし注意点もあります。
周囲を大きなビルなどに囲まれている場合、限られた時間しか太陽が当たらないこともあるかもしれません。
そのような場合には、その時間帯を優先して設置するのが効果的です。

ソーラーパネルに関する情報サイト
ソーラーパネルの基本情報

このサイトでは、ソーラーパネルについての知って得する情報を掲載しています。発電はどのように行われるのかなどの基礎知識から、設置する枚数はどのように求められるのか、日射量と発電量にどのような関係があるのかなどの実際に発電を始めるにあたって大切な知識まで紹介しています。このサイトを見れば、太陽光発電をより計画的かつ効率的にスタートさせることができるでしょう。

Search